自宅で有酸素運動!ルームランナー導入のすすめ

有酸素運動をルームランナーで

体の脂肪を燃焼させるには有酸素運動です。そんな有酸素運動は、基本的にはジョギングで十分あるのですが、ワンランク高い有酸素運動がしたいというのであればルームランナーの導入を考えてみましょう。ルームランナーを導入することで様々なメリットが生まれます。そんなメリットを5つほど紹介しましょう。

ルームランナーのメリットベスト5

男女
no.1

安全性が高い

ジョギングで怖いのは、夜道にジョギングした時の事故です。暗い夜道なので自転車との接触事故のリスクもありますし、通り魔にそお遇する可能性もごく僅かですが存在します。それに比べ、ルームランナーは自宅で走れるのでそういった事故に遭遇する可能性がほぼありません。

no.2

ながらジョギングができる

隠れたメリットとして、動画やテレビを見ながらできる、いわゆるながらジョギングができます。同じような道をひたすら走るとモチベーションが下がる場合、ルームランナーで動画やテレビ番組をみながら走るというのも面白いかもしれません。

no.3

ペース設定やコースなど、様々な想定ができる

ルームランナーに慣れてきたら、コースやペースなどの設定を行うのも良いかもしれません。ルームランナーによってはタイマー式でペースを揚げたり、傾斜が上下して坂道を走っている感覚で走ることができるからです。もちろん、坂がキツければキツいほど運動量は激しくなるので注意しましょう。

no.4

雨の日でもできる

ジョギングは、雨の日だと出来ないことが多いです。やはりぬかるんで転ぶリスクもありますし、風邪をひくリスクもあるからです。ルームランナーは自宅でできるため、そういったスリップや風邪の心配はなく、安全かつ健康的に有酸素運動をすることができます。

no.5

足に掛かる負担が少ない

アスファルトを走るというのは、実際には相当強い負担がかかっています。硬い地面はショックを吸収せずにそのまま伝えるため、足首などが痛みやすくなります。ルームランナーの場合、柔らかいため脚に掛かる負担も少なく、脚をけがしにくいという隠れたメリットがあります

自宅で有酸素運動!ルームランナー導入のすすめ

足

有酸素運動の王道はジョギング

有酸素運動の中で、最も敷居が低く、簡単に初められるのがジョギングです。用意するのは運動着と靴だけであり、あとは外で走るだけというシンプルなのがポイントです。最初はなかなか走れなくても次第に運動し続けることで心肺能力も上がり、30分で精一杯だったジョギングが一時間以上できるようになっていたなんてこともあります。

ルームランナー

敷居は少し高いが更に便利なルームランナー

そんなジョギングよりも、ルームランナーは少々敷居が高いですが、取り入れることでより効率的な有酸素運動が行えます。上で紹介したような安全性や、天候によるトラブルも少なく、脚に掛かる負担も少ないためより集中できた有酸素運動が行えるからです。また、ルームランナーによっては傾斜角を変えることもできるため、よりハードな有酸素運動も可能です。

女性

問題は費用とスペース

ルームランナーを設置する上で問題なのが、費用とスペースです。ルームランナーは本格的なものの場合、10万円以上することが多いです。更に、スペースも大きいためルームランナーを置く場所に余裕がなければ運動もママなりません。さらに、メンテナンスもしなければならないため、ご家庭にょっては相当敷居が高くなります。そのため、ルームランナーを購入する時は注意する必要があるのです。

ウーマン

いざとなったらジムでも可能

ルームランナーを自宅に置く場所がないというのであれば、トレーニングジムに通ってそこでルームランナーを使うというのも有効です。長い目で見ればルームランナーを購入したほうが安価で済むというケースは多いですが、本格的で最新型なルームランナーを使用しつつ、他の機材でトレーニングするということを考えた場合、ジムでのほうがメリットが多いケースもあるからです。自宅か、ジムか。スペースと費用の療法と相談して決めましょう。

広告募集中