インテリアを専門学校で学ぶ|室内装飾を勉強して装飾系男子を目指す

部屋

インテリアに関する職業

綺麗な部屋

インテリアプランナーはインテリアを企画し、家具や空間の設計図や仕様書を作成するのが主な仕事です。
インテリアは一つ一つ職人の手作業によって制作されています。まず依頼主から要望を把握し理想とするインテリアのデザインや機能を教えてもらいます。その際には的確にアドバイスをして安全性を保ったデザインのインテリアを作れるようにするのもインテリアプランナーの仕事です。そしてインテリアの設計図を作成していき、作成するまでの間を監理するのがインテリアプランナーの仕事の流れです。インテリアプランナーになるにはインテリアプランナー資格を持っていると便利であり、二級建築士としての資格があるとインテリアプランナーとして活躍する際にとても役立ちます。
インテリアプランナーになりたい場合はインテリアプランナーの資格を取得するように努力し、機会があるなら二級建築士の資格も取得して仕事をより快適におこなえるようにしましょう。

インテリア関係の仕事にはインテリアコーディネーターという仕事もあります。
インテリアコーディネーターは住宅や店舗などの室内のインテリアや家具のインテリアを考え、依頼者の希望通りの環境を制作する仕事です。それぞれの依頼者によって要望はそれぞれ違ってくるため、インテリア関連商品に対して深い知識を持っているとそれぞれの要望に適切なインテリアを選ぶことができるのでとても便利です。またその空間に住む人のことを考えて依頼者のライフスタイルや価値観に沿ったコーディネートをするのも必要とされる職業でもあります。リフォームなどによって自宅を改装する人が増えてきていることにより、インテリアコーディネーターを利用する人の数も年々増えてきています。
こうしたインテリアに関する職業の多くは専門学校に進学することで誰でも目指すことができる職業です。進学する際は自分の夢に必要な資格が取れるかどうかを確認してから進学をするようにしましょう。